FXトレード環境認識・エントリータイミング練習(2016年10月24日)

来週のトレードと先週のトレードについて記載していきます。

<トレードルール>

・週足・日足でトレード方向をみる。
・4時間足でトレードをエントリー
・100PIPSイーブン または100PIPS vs 150PIPSで利確・損切ラインを引く。
どちらにするかは、4時間足のトレンドラインやレジスタンス・サポートラインで決めるています。

環境認識のラインについて

今日からラインの色を時間足によって変えていこうと思います。

週足以上 ⇒ 緑
日足    ⇒ 赤
4時間足   ⇒ 青
それ以下 ⇒ 黒(このラインは細かすぎるので消しますが、重要ラインだったら消さないでいこうかと思います。)

EURUSD

EURUSD 日足

eurusdprodaily_20161024

大きく下抜けしてきている。
戻りがなかなかないので、入るタイミングが難しい!
薄い青枠ライン付近まで戻ってきたら、売りでいきたい。

USDJPY

USDJPY 日足

usdjpyprodaily_20161024先週はUSDJPYで勝っているから、調子にのって売りエントリー!!
少しもみ合いしたところをエントリーしたのですが、まだと思いきやポジポジ病でエントリー!
再度の反転でもう一度エントリーしています!

週足トレンドラインを突き抜けて、日足・4時間足でもみ合い中。
日足の直近高値付近で下落が強いと思っています。
そのため、ここを突き抜けてくるまでは、保有していこうかと思っています。

USDJPY 1時間足

振り返りのためにも青色■枠がエントリーしたポイント(売り)!!
最初は完全ミスです。待てなかった。
2回目までしっかり様子見て入るべきでした。

USDJPY自体がレンジ相場なので、強い下降トレンドになるかは微妙です!

EURJPYしとけばよかった・・・

usdjpyproh1_20161024

EURJPY

EURJPY 日足

eurjpyprodaily_20161024

下落トレンドで100PIPS・200PIPS取得できました。
再度エントリータイミングがありましたが、値動き怖くてはいれませんでした。
レンジ相場なので、日足のレジスタンスラインで買いで行くのも良いかも。
下降トレンドが強いので、日足レベルでしっかり反発するのを確認して入るべきだと思います。
突き抜けたら、リトレースメントしてくるまで待つのがベター!!!

 

1週間の経済指標

経済指標で参考にしているサイトです。

◆みんなのFX
⇒こちらを主に参考としました。経済指標のカレンダーとして非常に見やすいと思います。
◆羊飼いのFX

<応援>

ポチッと応援頂けると励みになりますので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家 ブログランキングへ

FXリアルトレードの振り返り!!(2016年10月)

今までのFXのトレードの記録を今回は振り返っていこうと思います。

あんまりトレード記録をしっかりつけられないので、ブログで記載していこうと思います。
結果から行くと思い切り負けていますが、少しづつ良くなっていっているのではと思ってあきらめずに続けていきたいと思います!!

<デモトレード>

全期間のトレードの推移です。

50万からはじめて、少しづつ資金を減らしていく感じです。
そして、4月あたりからポジポジ病でドカンドカンと資金を減らしていきました。

DEMO(ALL~20161021)

そこから少しトレードから離れて(1か月ぐらいだったと思います)、100PIPSトレードを始めました。
(忙しかったのも理由ですが・・・)

結果は、負けが減って勝率が上がったので、自分の生活スタイルにあっているのかと思います。
ルールは微妙なので、今整理しています。

デモは一定期間損切なしでやっていたので、勝率100%でした。(ほぼ)

DetailedStatement_3M_20161021

ちなみにデモトレードは、FOREXさんでやっています。
無料でデモトレードでき、日本時間表示でデモ期間が特段ないみたいです。(3か月らしいのですが、特段問題なく使用できています!!)

MT4は結構インジケータとかもあるため、分析には良いです。
PCからはあまりチャートは見ていないですが、スマホにもMT4のアプリがあるので、とても重宝しています。

気になる方は下記からリンクに飛べますので、見てみてください。
Gain Capital Group

<リアルトレード>

リアルトレードは5万からスタートしました。
今思えば5万からスタートして良かった( ^ω^)・・・

LionFX(2016404~20161021)

こちらの通算勝率は、計算すると57%でした。

期間でいくと下記のとおりになりました!

7月:40%(トレード回数:7回)

8月:25%(トレード回数:4回)

9月:57%(トレード回数:8回)

10月:100%(トレード回数:6回)

リアルトレードに使用しているのは、ライオンFXになります。
1000通貨からできるのが良いですね。
こちらもきになる方は下記バナーから飛べます!!!


<反省点>

トレードをやっている中で、ポジポジ病が一番の原因になるかと思います。
今現在は長期保有で主に週足・日足でトレード方向を決めています。
4時間足・1時間足でトレードのタイミングを図っています。

100PIPSを基準としていますので、1日~1週間程度保有しています。
そのため、無理に何度もエントリーしたりしないの(ポジションが持てない)で、これはポジポジ病には効果的だと思います。

最近調子に乗りそうなので調子にのってポジポジ病にならないようにしないと・・・
すでに先週にUSDJPYでやっちゃいましたが・・・

ポチッと応援頂けると励みになりますので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

FXトレード環境認識・エントリータイミング練習(2016年10月17日)

お久しぶりのブログです!!!
ブログ更新が1か月毎になっており、
何をしてたのかというと一軒家を購入して、庭の作業を終始していました。
なので、7月ぐらいからはブログが疎かに・・・

今度少し記事を書いてみたいと思いますが。
なかなか手が付けられない!!!

今回からタイトルを少し変えてみました!
環境認識だけではなく、エントリータイミングについて洞察・練習したくなったので!

現在は、FXトレードのスタイルは、スイングトレードで実施しています!!!
結果から言うと成績は良いです。

トレードルールは前回記事にも記載しましたが、下記のとおりです!!!

<トレードルール>

・週足・日足でトレード方向をみる。
・4時間足でトレードをエントリー
・100PIPSイーブン または100PIPS vs 150PIPSで利確・損切ラインを引く。
どちらにするかは、4時間足のトレンドラインやレジスタンス・サポートラインで決めるています。

このトレードルールは振り返るためにも明確化しようと思いますが、なかなかできていないのが現状・・・・

では、今週もトレードの環境認識・エントリータイミングについて記載していこうと思います。

環境認識のラインについて

週足以上 ⇒ 緑
日足    ⇒ 赤
4時間足   ⇒ 青
それ以下 ⇒ 黒(このラインは細かすぎるので消しますが、重要ラインだったら消さないでいこうかと思います。)

EURUSD

EURUSD 日足

EURUSDproDaily_20161017

 

ユーロドルは、下降トレンド中!環境認識としても売りで!!
日足で支えられていたレジスタンスラインを下抜けてきた。
週足の反発がありそうなので、印をつけたところの反発でエントリーしていく。

USDJPY

USDJPY 日足

USDJPYproDaily_20161017

日足以上では、売りでいきたいが、週足でのトレンドラインを超してきており、微妙な位置!
なので、ドル円は来週はエントリーしない想定、
ここで、レジスタンスラインに反発されそうではあるが、どうなるか?

反発が日足レベルで確認できたら、売りエントリーしたいかな??

EURJPY

EURJPY 日足(先週のトレード結果)

EURJPYproDaily_20161017レンジ相場中!ボリンジャーバンドも収縮中!
4時間足では、拡大するかも?

日足のレジスタンスに跳ね除けられて下降中。4時間足のラインに何度か反発されているが、日足でのダブルトップで売りで攻めている最中。

EURJPY 4時間足

EURJPYproH4_20161017先週からのレンジで、100PIPS~150PIPS程度勝ち中!!

まだ、保有中のLOTもあるので、現在も100PIPSちょっと勝ち中です!!

1週間の経済指標

経済指標で参考にしているサイトです。

◆みんなのFX
⇒こちらを主に参考としました。経済指標のカレンダーとして非常に見やすいと思います。
◆羊飼いのFX

10月21日20:45 ECB政策金利&声明発表に注目!
21時30分からは、ドラギさんの記者会見!

応援

ポチッと応援頂けると励みになりますので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家 ブログランキングへ